1. TOP
  2. >カスタマイズ・小技>
  3. 固定ページのビジュアルエディタを無効にする

固定ページのビジュアルエディタを無効にする

カスタマイズ・小技, WordPress

2021/12/28
固定ページのビジュアルエディタを無効にする

WordPressの旧エディタでは、投稿や固定ページを作成する際に『テキストエディタ』『ビジュアルエディタ』の2種類のエディタを利用できます。
現在はブロックエディタを推してるみたいですが個人的には使いにくい。

各エディタは赤枠で囲ってあるタブで切り替えられます。

それぞれの違いを簡単に説明すると

テキストエディタ
HTMLコードが見える状態で記事を作成
画像等もコードで表示

ビジュアルエディタ
コードを書かずにHTMLのタグ機能を持たせられる。
TinyMCE等のプラグインを追加すれば、ブログやWordのような形で文章を見たまま作成できます。

各エディタの特性を活かし切り替えながら記事作成も可能ですが、pタグやspanタグが削除されたり、予期せぬ改行が入りpタグが追加されたりします。
これはWordPressのwpautopによる挙動です。便利な機能ではあるのですがやっかいな面もあります。

クライアント側でも固定ページを随時更新するような状況の場合、予期せぬ自体を未然に防ぐために、予め無効にしておくのも良いかと思います。

固定ページのビジュアルエディタを無効にするには

functions.phpに下記を追加してください。

特定の固定ページのビジュアルエディタを無効に

上記コードは固定ページ全体のビジュアルエディタを無効にしています。
HTMLコードを利用し複雑なレイアウトにしたのに、切り替えによって崩れてしまう場合もあります。

そこで

特定の固定ページ限定で無効にする方法はこちら。

○の部分の数字を該当させたいIDに変更してください。

if( $typenow == ‘page’ && strstr($url, ‘post=○’))

ホームページ制作ならRU DESIGN
ドメイン取得は同じところで取得しておくと便利ですよ。
お名前.comは1円から購入(1年間)できるドメインがあるので、いろいろと便利で経済的です。

関連記事

ワードプレス、管理画面の投稿一覧に最終更新日のカラムを追加
2022/09/17
ワードプレスの管理画面の投稿一覧に、最終更新日を表示させる方法です。 記事によっては何度もリライトを繰り返す場合もあります。特定の記事であれば、検索で探したり該...
WordPress管理画面 プラグインなしでカスタムフィールドを検索に含める。
2022/09/09
Wordpressの管理画面にある投稿一覧のワード検索にて、カスタムフィールドの内容をを含める方法です。カスタムフィールドを修正したいけど、記事が大量にあったり...
【WP】ワードプレスで特定のカテゴリーやアーカイブの並び順を変更する方法
2022/09/03
ワードプレスのアーカイブやカテゴリーページで、特定のカテゴリーのみ並び順を変更したい場合のやり方です。 <?php query_posts($query_...
【WP】カスタムフィールドの年月日を置き換えて日付の差分を計算
2022/08/24
ブログなどで「この記事は○年前の内容です」など表示されるのを見かけたことはありませんか? 技術や情報系の記事では、最新の情報では無いと現在では役に立たないことも...
【ワードプレス】メインループの投稿並び順を自由に変更する
2022/08/08
ワードプレスのカテゴリ一覧などを任意に並び替えて表示。最終更新日を最初に表示させたい時など状況によって表示順を変えたい時の方法です。 デフォルトでは投稿日が新し...