1. TOP
  2. >技術メモ>
  3. 【初心者の方向け】 Bootstrap4の使い方 導入について

【初心者の方向け】 Bootstrap4の使い方 導入について

技術メモ, Bootstrap4

2019/03/15
2022/02/22
【初心者の方向け】 Bootstrap4の使い方 導入について

これからWEBサイト制作や開発を学びたい方を対象に、代表的なフレームワークである「Bootstrap」の基本的な使い方を数回に分けてご紹介します。

Bootstrap4のバージョン4.3をベースに書いています。

 

はじめに

 

Bootstrapとは、ウェブサイトやWebアプリケーションを作成するフロントエンドCSSフレームワーク。
容易にレスポンシブデザインに対応できたり、あらかじめ用意されたフォーム・ボタン・ナビゲーション等を使用することによって、HTMLやCSSの知識が乏しくても短期間に制作・開発することができます。

 

ちなみに、このサイトもBootstrapを使用しています。個人的にフレームワークに頼りたくなくて全て書いていましたが、最近はほとんどフレームワークを使用したフロントデザインばかりになって楽させて頂いています♪

 

導入について

 

今回の導入については、簡単なCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を使用した方法を中心に書きます。

CDNについても別の機会に詳しく書きたいと思います。

ダウンロードの場合は下記からおこなってください。

ダウンロード

 

まず、下記のCSSを読み込むコードを<head>〜</head>内に記述してください。

 

 

<head>内にはこちらも記述してください。

 

 

viewportについても別で書きたいとは思いますが、width=device-widthを指定しておけば、スマホなど表示している端末の幅を取得して、その値を基に設定してくれます。

 

次にJSを読み込ませます。

これは</body>タグの直前に記述。

 

 

基本的な準備は以上です。

それでは、上記を含めたサンプルのソースです。

 

 

上記サンプルを元に実際にページを作成していきながら

Bootstrapの基本的な使い方を覚えていきましょう。

 

 

 

ホームページ制作ならRU DESIGN
ドメイン取得は同じところで取得しておくと便利ですよ。
お名前.comは1円から購入(1年間)できるドメインがあるので、いろいろと便利で経済的です。

関連記事

ワードプレス、管理画面の投稿一覧に最終更新日のカラムを追加
2022/09/17
ワードプレスの管理画面の投稿一覧に、最終更新日を表示させる方法です。 記事によっては何度もリライトを繰り返す場合もあります。特定の記事であれば、検索で探したり該...
WordPress管理画面 プラグインなしでカスタムフィールドを検索に含める。
2022/09/09
Wordpressの管理画面にある投稿一覧のワード検索にて、カスタムフィールドの内容をを含める方法です。カスタムフィールドを修正したいけど、記事が大量にあったり...
【WP】ワードプレスで特定のカテゴリーやアーカイブの並び順を変更する方法
2022/09/03
ワードプレスのアーカイブやカテゴリーページで、特定のカテゴリーのみ並び順を変更したい場合のやり方です。 <?php query_posts($query_...
【WP】カスタムフィールドの年月日を置き換えて日付の差分を計算
2022/08/24
ブログなどで「この記事は○年前の内容です」など表示されるのを見かけたことはありませんか? 技術や情報系の記事では、最新の情報では無いと現在では役に立たないことも...
【ワードプレス】メインループの投稿並び順を自由に変更する
2022/08/08
ワードプレスのカテゴリ一覧などを任意に並び替えて表示。最終更新日を最初に表示させたい時など状況によって表示順を変えたい時の方法です。 デフォルトでは投稿日が新し...