新しくなったブロッエディターやウィジェットが苦手の方へ - RU DESIGN

新しくなったブロッエディターやウィジェットが苦手の方へ

プラグイン, 技術メモ, WordPress

2022/06/29
新しくなったブロッエディターやウィジェットが苦手の方へ

WordPress 5.x系から標準エディタとなった「ブロックエディター(Gutenberg)」。従来のエディターに慣れている方には使い勝手が悪いかなと。ブロックエディターは今後の主流になるのは避けられそうもないのかな。
WordPressのバージョンを下げたまま使用するのもアリですが、5.9以下のバージョンのアップデートは2022年3月が最後。なるべく最新のバージョンを維持しつつ、慣れ親しんだ環境で使っていきたいですよね。

そんな自分と同じように旧エディターを使いたい方も多いようで、従来のエディターを利用できるようにするプラグインが公式から用意されています。
今さら書くような内容でもないですが、今の ワードプレスの使い勝手が悪いと感じた方は参考にしてみてください。

Classic Editor

Classic Editor

このプラグインを導入する事で、従来の投稿編集画面が復元されます。また、従来のエディターに依存していたプラグイン(入力支援などの拡張機能)も利用可能。

また、ブロックエディター以上に扱い辛くなったウィジェットを、旧バージョンに復元するプラグインも公式から出ています。

Classic Widgets

Classic Widgets

どちらのプラグインも公式で作成されたものなので、導入後の不具合等は無いものと考えられます。
とりあえず2022年まではサポートや保守は約束されていて、その後も必要性を感じなくなる頃までは継続してサポートしてくれるそうです。

ホームページ制作ならRU DESIGN
ドメイン取得は同じところで取得しておくと便利ですよ。 お名前.comは1円から購入できるドメインがあるので、いろいろと便利で経済的です。

関連記事

Welcart2.6にアップデートして画像が表示されなくなった場合の対処
2022/07/27
Welcart2.6から商品画像の登録方法の仕様変更があり、今まで不満だった内容が改善されました。それに伴い旧バージョンからアップデートすると、画像が表示されな...
overflow-wrapではみ出す半角英数字やURLを自動改行
2022/07/23
URLなど半角英数字の長すぎて要素からはみ出てしまい、デザインが崩れてしまうことがあります。レスポンシブサイトだと、モバイルなど表示幅が狭いと突き抜けて見た目も...
WordPressの最新記事を判別して表示を変更
2022/07/22
トップページやサイドバーなどに記事一覧を表示させている事が多いかと思いますが、今回は一覧の最初の記事などを変化させる方法をご紹介します。 WordPressのル...
ワードプレスの全記事を一覧表示
2022/07/21
ワードプレスに投稿された全記事を一覧で表示するやり方です。 固定ページを作成 全記事一覧を表示させる固定ページを作成しましょう。 category.phpやpa...
サイトマップのエラーが出た時の対処について
2022/07/16
ワードプレスでサイトマップを確認した際に、下記のようなエラーが出た場合の対処法です。 This page contains the following erro...