1. TOP
  2. >カスタマイズ・小技>
  3. WordPressの最新記事を判別して表示を変更

WordPressの最新記事を判別して表示を変更

カスタマイズ・小技, 技術メモ, WordPress

2022/07/22
WordPressの最新記事を判別して表示を変更

トップページやサイドバーなどに記事一覧を表示させている事が多いかと思いますが、今回は一覧の最初の記事などを変化させる方法をご紹介します。

WordPressのループと判別方法

まずはワードプレスのループ処理の方法です。

ループ処理についてざっくりと説明すると、if (have_posts())で該当する記事があるかチェックし、while (have_posts())で次の記事があるか処理を繰り返し、the_post()で記事を取得するって感じです。

次に本題の記事の判別方法です。
上記のループに$counter++;を追加しましょう。

上記の例では最初の記事1件を判別しています。
ループ処理①は最初の記事を処理する内容になり、それ以降の処理はループ処理②に記述した内容で表示されます。

記事の判別について

どの記事を判別するかは下記のコードになります。
<?php if ($counter <= 1): ?>
 
等価比較演算子で、下記のように任意の記事を判別可能です。

2記事目まで判別したい場合
<?php if ($counter <= 2): ?>
 
2記事目のみ判別したい場合
<?php if ($counter == 2): ?>

WP_Queryでの判別

メインクエリではなくWP_Queryを使ったループ処理での記事判別は以下のようになります。

カテゴリ別一覧など複数の記事で記事判別したい場合

トップページなどに新着情報や各カテゴリの一覧を複数表示させている場合も多いかと思います。
その場合はWP_Queryに用意されているcurrent_postを使用しましょう。

上記の例では6件の記事を取得し、最初の1件をループ処理①で表示、その他の記事はループ処理②の内容で表示されます。
current_postの初期値は0になるのでご注意ください。
最初から○件めだけではなく、表示記事の最後や、偶数奇数、n件毎に処理と言ったやり方もあります。
  

また、記事の処理だけではなく、記事の○件目にアドセンスの広告を入れたりと言った使い方もできます。
いろいろと効果的な方法で使ってみてください。
 

以上、今回の方法で下記のように記事を表示させる事ができます。
 

ワードプレス最初の記事を処理
ワードプレス最初の記事を処理

 
参考画像は、ほぼ趣味的に運営している「ゲームぽんぷー」ってゲーム情報サイトです。
良かったらそちらも見てみてくださいね!
忙しくない時にちまちま更新していますよ。

表示のさせ方で印象もだいぶ変わってきますので、うまく利用してみてください。

ホームページ制作ならRU DESIGN
ドメイン取得は同じところで取得しておくと便利ですよ。
お名前.comは1円から購入(1年間)できるドメインがあるので、いろいろと便利で経済的です。

関連記事

ワードプレス、管理画面の投稿一覧に最終更新日のカラムを追加
2022/09/17
ワードプレスの管理画面の投稿一覧に、最終更新日を表示させる方法です。 記事によっては何度もリライトを繰り返す場合もあります。特定の記事であれば、検索で探したり該...
WordPress管理画面 プラグインなしでカスタムフィールドを検索に含める。
2022/09/09
Wordpressの管理画面にある投稿一覧のワード検索にて、カスタムフィールドの内容をを含める方法です。カスタムフィールドを修正したいけど、記事が大量にあったり...
【WP】ワードプレスで特定のカテゴリーやアーカイブの並び順を変更する方法
2022/09/03
ワードプレスのアーカイブやカテゴリーページで、特定のカテゴリーのみ並び順を変更したい場合のやり方です。 <?php query_posts($query_...
【WP】カスタムフィールドの年月日を置き換えて日付の差分を計算
2022/08/24
ブログなどで「この記事は○年前の内容です」など表示されるのを見かけたことはありませんか? 技術や情報系の記事では、最新の情報では無いと現在では役に立たないことも...
【ワードプレス】メインループの投稿並び順を自由に変更する
2022/08/08
ワードプレスのカテゴリ一覧などを任意に並び替えて表示。最終更新日を最初に表示させたい時など状況によって表示順を変えたい時の方法です。 デフォルトでは投稿日が新し...