WordPressのリビジョン機能を制御  - RU DESIGN

WordPressのリビジョン機能を制御 

技術メモ, WordPress

2022/07/05
WordPressのリビジョン機能を制御 

ワードプレスにはリビジョンという、記事の編集中に変更した履歴を保存する機能が標準にあります。
これは、下書きや公開済み投稿の更新記録を自動で保存してくれるもので、記事作成には便利なものではありますが、頻繁に投稿内容を修正・下書き保存をすると、データベースの肥大化が懸念されます。
今回はそのリビジョンを無効化または制御する方法をご紹介します。

プラグイン無しでリビジョン無効化

wp-config.phpに下記内容を記載します。

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */
と、書かれている行の上にコピペしてください。

リビジョンを無効化する。

/**リビジョン無効化*/
define('WP_POST_REVISIONS', false);

リビジョンは必要な方は上限を設定することも可能。


/**リビジョン上限数指定*/
define('WP_POST_REVISIONS', 5);

上記では5件までリビジョンが保存されるようになります。
必要な件数に合わせて変更してください。

プラグインでリビジョンを制御

プラグインでもリビジョンを制御可能です。

WP Revisions Control

インストールし有効化した後、設定に「リビジョン」と表示されます。
このプラグインを導入すると、リビジョンの無効化や保存する件数を制御することができます。
また投稿タイプ毎にも設定可能なので、必要に応じて設定してください。

不要なリビジョンを削除

プラグイン導入やwp-config.phpでリビジョンを導入または記載した場合、制御後の投稿に対して機能しまが、過去に投稿されたリビジョンはそのまま残ります。
不要な内容をデータベースに残さず少しでも速度低下を防いでいきましょう。

WP-Optimize

WP-Optimizeは データベース・画像圧縮・キャッシュの最適化のためのプラグインです。
プラグイン有効化後、ダッシュボードメニュー内に「WP-Optimize」と表示されます。
サブメニューの「データベース」を選択し、リビジョンを削除することができます。

WP-Optimizeの主な機能

・データベースクリーンアップ
・画像圧縮
・ページキャッシュ
・html/CSS/Javascript圧縮

ワードプレスのキャッシュ系プラグインは複数存在しますが、個人的にはコレが一番扱いやすいかも。

リビジョンは非常に便利な機能ではあるんだけど、標準で制御可能にしても良いかなと思うけどどうなんでしょうかね。

リビジョン無効化参考
https://ja.wordpress.org/support/article/revisions/

ホームページ制作ならRU DESIGN
ドメイン取得は同じところで取得しておくと便利ですよ。 お名前.comは1円から購入できるドメインがあるので、いろいろと便利で経済的です。

関連記事

Welcart2.6にアップデートして画像が表示されなくなった場合の対処
2022/07/27
Welcart2.6から商品画像の登録方法の仕様変更があり、今まで不満だった内容が改善されました。それに伴い旧バージョンからアップデートすると、画像が表示されな...
overflow-wrapではみ出す半角英数字やURLを自動改行
2022/07/23
URLなど半角英数字の長すぎて要素からはみ出てしまい、デザインが崩れてしまうことがあります。レスポンシブサイトだと、モバイルなど表示幅が狭いと突き抜けて見た目も...
WordPressの最新記事を判別して表示を変更
2022/07/22
トップページやサイドバーなどに記事一覧を表示させている事が多いかと思いますが、今回は一覧の最初の記事などを変化させる方法をご紹介します。 WordPressのル...
ワードプレスの全記事を一覧表示
2022/07/21
ワードプレスに投稿された全記事を一覧で表示するやり方です。 固定ページを作成 全記事一覧を表示させる固定ページを作成しましょう。 category.phpやpa...
サイトマップのエラーが出た時の対処について
2022/07/16
ワードプレスでサイトマップを確認した際に、下記のようなエラーが出た場合の対処法です。 This page contains the following erro...