1. TOP
  2. >その他>
  3. Mac版のGIMPにレイヤー効果を追加

Mac版のGIMPにレイヤー効果を追加

その他, WEB関係

2022/07/14
Mac版のGIMPにレイヤー効果を追加

GIMPにPhotoShopのようなレイヤー効果を追加する方法をご紹介します。Windows版のやり方やレイヤー効果を追加するファイルはすぐに見つかったのですが、Mac版のGIMPでは正常に機能しなかったので、とりあえず機能したファイルをダウンロードできるようにしておきます。

GIMPについて

GIMP(ギンプ)は無料で提供されているペイント・画像加工ツールです。無料でありながらもPhotoShopに近い機能を備えています。
画像サイズの調整やトリミング、明るさ調整やテキストを加えたりなど・・・ちょっとした加工程度ならこれで十分ですし、慣れれば本格的にも使用できるかと思います。

GIMP ダウンロードはこちら。

Mac版GIMPにレイヤー効果を追加する方法

GIMP layer-effects.zipをダウンロードし、展開したフォルダ内にあるlayerfx-Jon-Stipe-299.scmを下記へ入れてください。

/Applications/GIMP-2.10.app/Contents/Resources/share/gimp/2.0/scripts

pyファイルの場合はこちらに入れてください。
/Applications/GIMP-2.10.app/Contents/Resources/lib/gimp/2.0/plugin-ins
※今回はMacで正常に機能するものが見つかりませんでしたが、ファイルの種類によって格納場所が違うみたいです。


上記ファイルはGIMPのコミュニティ掲示板にて見つけたものです。
MACでは他のレイヤー効果を追加するファイルは正しく機能しなかったので、こちらを使ってみてください。
 
記事作成時の環境
macOS12.4
GIMP 2.10.32

ファイルを入れた後GIMPを立ち上げている状態なら、再起動またはフィルター→Script-FU→スクリプトを再度読み込みで使えるようになります。

レイヤーの下段に表示されます。
GIMPレイヤー効果追加
 

PhotoShopと同様にレイヤーを右クリックでも表示されます。
GIMPレイヤー効果追加
 
実際に効果を試してみました。
GIMPレイヤー効果追加
 
 
現在のGIMPってどんなものなのかな?って程度で、ほとんど触っていませがとりあえず使えそうです。

 
PhotoShopに慣れていると正直使い勝手は悪く感じますが、無料なのに機能も充実しているGIMPを覚えてみるのも良いかもしれませんね。
今後、触る機会があったら機能の追加やテクニックなどご紹介していきます。

ホームページ制作ならRU DESIGN
ドメイン取得は同じところで取得しておくと便利ですよ。
お名前.comは1円から購入(1年間)できるドメインがあるので、いろいろと便利で経済的です。

関連記事

Welcart2.6にアップデートして画像が表示されなくなった場合の対処
2022/07/27
Welcart2.6から商品画像の登録方法の仕様変更があり、今まで不満だった内容が改善されました。それに伴い旧バージョンからアップデートすると、画像が表示されな...
ペライチで宣伝用ページを作ってみる
2022/07/23
ペライチでホームページ作成って今までやったことなかったので、なんとなく触ってみたくなったので試してみました。この記事を書きながら作成していきます。  ...
画像をWebPに変換してWEBサイトの表示測度を改善しましょう
2022/07/11
WebP (ウェッピー)は、トラフィック量軽減と表示速度短縮を目的としてGoogleが開発した次世代画像フォーマット(2010年に仕様公表・提供開始)のことで拡...
HTML/CSSのブラウザ対応状況を確認できるサイトまとめ
2022/07/06
HTML/CSSのサポート状況を確認できるサイトをご紹介します。最新の機能を使ってみたい方はチェックしてみると良いかもしれません。ちなみにHTML5は最終バージ...
『やさしい日本語』AIがホームページのテキストを在留外国人に伝わりやすい「やさしい日本語」へ変換
2022/07/05
日立社会情報サービスは、ホームページのテキストを通常の日本語よりも平易な日本語に変換することができる「『やさしい日本語』変換サービス」の販売を開始しました。 在...